昭和レトロなドライブイン「日本海食堂」さんへ行ってきました

すこし前の話で恐縮ですが、5月の末に実家の富山へ帰っておりました。いつもは買い物に行くぐらいでほとんど家から出ないのですが、せっかく富山へ帰っているんだから今まで行けてなかった富山の名所へ行こうと思いたち、以前からピストン藤井さんにオススメされていた「日本海食堂」さんへ行ってみることにしました。(ピストン藤井さんのお話はこちらから

「日本海食堂」さんは、昭和の雰囲気ただようドライブインです。ドライブインは今では少なくなってしまいましたが、むかし幹線道路沿いには必ずあって、昭和の小学生だった私にはとても楽しい思い出として心に残っています。うちは兼業農家で両親が共働きだったので、めったに遊びに連れて行ってもらえなかったのですが、年に1回だけ夏休みに海水浴につれていってもらいました。そして楽しく海で泳いだ帰りに、国道沿いのドライブインに寄ってラーメンを食べるというのがお決まりでした。なので「日本海食堂」さんでも絶対ラーメンを食べようと心に決めていました。

ドライブインなのにクルマが用意できなかったので(笑)富山地方鉄道に乗って西加積駅から徒歩で向かいます。大きな道路沿いに歩いていくと…

おお、これですね。うわさ通りのインパクトのある建物です。パトカー風のクルマも。

私が行ったのは平日の午後2時頃。近所のご常連さんとおぼしきおじさまが2人、昼ビールをされていました。昼ビールうらやましいな~と思いましたが、おなかがいっぱいでラーメンが食べられなくなると困るので、ここはグッと我慢をして初志貫徹、ラーメンを注文。待っている間にお店の中を見せてもらうことにしました。「写真を撮ってもいいですか?」と女将さんに聞くと「どうぞどうぞ。いいですよ~」と言っていただいたので、バンバン撮影させていただきました。

店内の様子。座敷もあり。遠目で見てもコレクションの凄さがわかります。

レトログッズの定番のホーロー看板ですが、富山ということで薬関係のものもたくさん。

駄菓子屋さんにあったであろうカラフルなお菓子の缶。「北日本の菓子」は今の「ブルボン」のことですね。下の垂れ幕はワイルドセブン!

ハッパフミフミの大橋巨泉さんや、建もの探訪の渡辺篤史さんらの、若かりし頃の立て看板の数々。

自転車屋さんにぶら下がっていたであろうドリフの宣伝用POPやら、本屋さんの店先に置いてあったくるくる回る絵本の入れ物やら。

奇人変人がもらえるTVジョッキーのギター(笑)と、おきあがりこぼしなど懐かしのおもちゃの数々。

うーん…噂には聞いていましたが、この昭和グッズの量!!とにかくものすごいです。ここにはとてもじゃないけど載せきれません。私は昭和40年生まれなんですが、見たことのないものがたくさんあって大感激でした。

そうこうしているうちにラーメンが到着。懐かしい感じの正統派醤油ラーメンで、私の大好きな味でした(あっという間に食べてしまって写真取り忘れました、すみません(^_^;)

昼ビールのおじさんたちが帰られて、お店が落ち着いたところで「実は私、ピストン藤井さんと知り合いのもので…」と自己紹介をしました。女将さんは「ああ、藤井さんの!」と納得された様子で(結構怪しかったですよね私、申し訳ありませんでした)いろいろお話をさせていただきました。「噂には聞いていたんですが、本当にこちらのコレクションはすごいですね!」と私が言うと、「そう?でももうちょっと整理してくれたらいいんだけどね…」と苦笑いされていました。

これを集めた張本人の店長さんとは今回お会いできずで残念でしたが、また実家に帰った時はお邪魔しようと思います。オムライスもカツ丼も美味しいそうなので、次も楽しみです(*^^*)

最後に、勝手ではありますが「日本海食堂」さんの昭和な静止画CM風画像を作ってみました。

バイパスができて、お店の前を通っている道路が旧国道になってしまったそうなのですが、クルマだととても行きやすいところです。博物館でもこれだけのグッズが間近で見られるところはないんじゃないでしょうか。昭和の香りを令和に伝えるドライブイン「日本海食堂」。昭和グッズに囲まれながら美味しいお食事が楽しめます。みなさんもぜひ行ってみられてはいかがでしょう。

日本海食堂(公式ホームページ

〒939-0542 富山県富山市水橋堅田9

営業時間: 午前11時半頃 – 午後3時頃 午後5時頃 – 午後8時頃
定 休 日: 毎週水曜日